www.dreamerbase.com

-

-

自己破産手続きの際にその借金に対してほかに保証人を立てているときには、早い段階で連絡しておくべきでしょう。改めてお勧めしますが借金に保証人を立てている場合は破産申告の前に前もって考えなければいけません。あなた自身が破産手続きを出してOKが出ると保証人になっている人がそれらの借金を支払う義務があるからです。ということから、破産の前段階で保証人となる人にその詳細や現状を報告してお詫びをしておかなくてはなりません。これは保証してくれる人の立場に立つと当然必要なことです。債務者のあなたが破産するために、強制的に高額の返済義務が回ってくるのです。そして、その後の保証人の取れる手段は次の4つです。まず1つめですが、保証人となる人が「すべてを払う」というものです。保証人自身がそれら数百万円のお金をいとも簡単に返すことができるというような財産をたくわえていればこの方法を取ることが可能でしょう。ただその場合はそのまま破産手続きせずに保証人となる人にお金を貸してもらって保証人である人に月々返していくという方法も取れると思われます。その保証人があなた自身と関係が良いなら完済期間を長くしてもらうことも不可能ではないかもしれません。たとえ合わせて返金できないとしても、貸金業者も話し合いにより分割に応じることもあります。その保証人にも債務整理を行われると貸したお金が一円も手に入らないことが考えられるからです。また保証人が債務者のお金をすべて支払う財産がなければあなたとまた同じく何らかの方法による負債の整理を選択することが必要です。2つめが「任意整理をする」処理です。この方法の場合貸方と相談する方法により、5年ほどのあいだで弁済していく感じになります。弁護士などに依頼する場合のかかる費用は1社につき4万円。もし7か所からの借り入れがあるならおよそ28万円必要です。当然貸金業者との話し合いは自分ですることも可能ですがこの面での経験も知識もない素人だと相手が自分たちにとって有利な和解案を出してくるので、注意が必要です。任意整理を行う場合も保証人となる人にお金を代わりに払ってもらうわけなので、あなた自身はたとえちょっとずつでもあなたの保証人に返済をしていくべきです。3つめですが保証人となる人も返せなくなった人と同様に「破産する」という方法です。返済できなくなった人と同じように破産すれば、保証人となる人の返済義務もチャラになります。ただし、保証人が戸建て住宅などを持っている場合は所有する財産を没収されますし、税理士等の業界にいる場合などは影響を受けてしまいます。そのような場合、個人再生制度を利用するといいでしょう。最後に4つめの方法としては、「個人再生という制度を利用する」方法があります。マンション等を手元に残しつつ負債の整理を希望する場合や、自己破産では影響が出る職にたずさわっている場合に選択できるのが個人再生による整理です。この方法の場合自分の住宅は処分しなくてもよいですし、破産申し立てのような職業制限、資格制限等が何もありません。

Copyright © 2000 www.dreamerbase.com All Rights Reserved.