www.dreamerbase.com

-

-

自賠責保険という保険は正式には自動車損害賠償責任保険と呼び、略すと自賠責保険とよばれるものです。この自賠責保険は通称強制保険と呼ばれ、車を定期車検に通す際は決められた期間内に効力のある自賠責保険に加入している必要があります。言い換えれば全ての自動車に加入が義務づけられている保険です。ではその車に自賠責保険がついたまま売却したケースではどうなるでしょうか。自賠責保険は車検時に更新するケースが少なからず存在しますがもし強制保険(自賠責保険)に入ったままの自動車を売却した時はお金が返ってくるという事例はないのが普通です。というのも自賠責保険の効力を一度外して新しい買取相手に入れ替える作業は面倒なのです。そのため、自動車損害賠償責任保険というものは名義変更をした後に車とともに手放すことが通常です。しかしそれと同じだけの価格を買取金額に上乗せしてくれるのです。自動車損害賠償責任保険は自動車税とは異なり、支払った額を1ヶ月単位で割った金額が戻ってくるやり方ではなく査定額に上乗せという手段が使われることが基本ですが、これが見積シートに明記されるケースはほぼありません。なので、引き取りのときは強制保険(自賠責保険)の分の額が売却額に入っているかを注意する必要があります。自らが納付した金額がどのくらいの金額かということを頭に入れておけば、大丈夫はずです。自賠責保険の加入金額については、加入期間によって異なるので注意が必要です。車の売却の場面では保険の名義変更をしましょう。仮に名義変更をせずに放っておいたら保険の提供元からあなたに自賠責の満期の知らせが届いてしまいます。売却を検討中の車が少しでも損をせずに売却されることを応援したいと考えています。

Copyright © 2000 www.dreamerbase.com All Rights Reserved.